家づくりコラム

教えて家づくり博士!C値、UA値ってなに?【高断熱・高気密】

こんにちは!埼玉県鴻巣市にある高断熱・高気密な注文住宅工務店「佐藤ホーム」のブログ編集部です。

いつものように高断熱・高気密な家について調べていたら「C値」と「UA値」という表記をみつけた、たてるさんとすみかさん。

「これは何を示しているの? この数字は大きいと良いの? 小さいと良いの?」と頭の中が疑問でいっぱいです。

今回は、高断熱・高気密な家を建てるときに知っておくと安心な「C値」「UA値」について、ストーリー形式でわかりやすくご説明します!

登場人物

  • たてるさん・すみかさん

    高断熱・高気密な家づくりを検討中の夫婦

  • 家づくり博士

    家づくりのことならなんでも知っているスーパー博士

  • 家づくり博士

    なにかお困りのようじゃな!

  • 家づくり博士! 寒い冬に向けて、暖房効率のいい家について調べていたら、「UA値」と「C値」という表示をみつけたんです。この数字が示すものは、一体何なのですか?

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    お! なかなか詳しくなってきているようじゃな? では解説にまいろう!

  • 家のすき間を表す?「C値」ってなに

  • 家づくり博士

    C値とは、家にどのくらいの「すき間」があるのかを表した数値じゃ。

  • 今どきの家に「すき間」なんてありますか? 昭和初期じゃあるまいし……

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    家にあるのは、わかりやすく目に見える「すき間」ばかりじゃないぞよ?
    冬場に暖房を消すと、たちまち寒くなる、とか
    花粉の時期、家の中にいるのに、鼻水がとまらない、とか……

  • わぁ……思い当たる……

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    一般的な木造住宅では、そんなことも多いんじゃ。

    高温多湿な夏を乗り越えるため、古い日本の住宅は、
    すき間を気にせず、つくられていたのじゃ。

  • じゃあ、あんまり気にすることないですね!

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    まてまて! 気密性の低い家は、断熱材を厚くしても、
    冬場の冷気が入るから暖房効率が悪いし、
    夏はクーラーの冷気が逃げてしまいやすいのじゃ。

    それはもうわかっておろう!

  • 冗談ですよ、わかってますって!

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    その家の「すき間」を示すのが「C値」じゃ。

    C値は、1平方メートルあたりにある、すき間の面積を表した数値なのじゃ。

  • ▶C値= 住宅全体のすき間の合計面積/延べ床面積

  • それは、どうやって測るんですか?

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    建物の中で、「気密測定試験機」という道具を使って測るんじゃ。

    出た数値が小さければ小さいほど、
    高気密性をもった建物というわけなんじゃ!

  • なるほど! C値が小さいほど、高気密な家っと。メモメモ。

    たてるさん
    すみかさん

  • 断熱性能を表す?「UA値」ってなに

  • 家づくり博士

    次は「UA値」じゃ。

    「UA値」とは、熱量がどのくらい、その家から逃げてしまいやすいかを数値で表したものなんじゃ。

  • せっかく、暖房や冷房をつけても、
    家の外に逃げていくのでは、もったいないですもんね~

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    そうじゃ。

    これは、建物の内側と外側の温度差を、1度としたときに、
    建物の内部から外部へ出ていってしまう、時間あたりの熱量を、
    外皮(家の床、壁、天井)の面積の合計で、平均した値じゃ。

  • ▶UA値=建物が失う熱量の合計/外皮面積の合計

  • つまり、UA値も、その値が小さいほど熱が逃げにくく、
    省エネルギー性能が高いことを示しているのですね!

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    そうじゃ! 断熱性能が良ければ、省エネにつながるのじゃ!

    それにしても、ものわかりが良すぎじゃ。

  • ちょっとすみません……
    断熱性能といえば、「Q値」っていうのも聞いたことがあるんですが……

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    お、よく調べているな!

    「Q値」というのも「UA値」と同様に、
    熱量がどれくらい逃げにくい家なのか、というのを表しているんじゃ。

  • ▶Q値=建物が失う熱量の合計/延べ床面積

  • UA値とほとんど同じものですね~

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    とても簡単に説明すると、
    2つの違いは熱損失を「床面積」で割るか、
    「総外皮表面積」で割るかの違いじゃな。

  • それが変わると、どうなるんですか?

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    Q値は、熱が逃げる量を、床面積だけで割って計算するから、
    同じ延べ床面積であれば、熱損失量の少ない、

    ・単純な形状の建物
    ・外壁、天井の小さな建物

    これらのQ値が低くなってしまい、正確性に欠く、ということじゃ。

  • 家づくり博士

    そこで、注目を浴びたのが、建物の延べ床面積だけでなく、外壁や天井の面積を足した「外皮面積」で算出される「UA値」じゃ。

    「UA値」は、建物の形状や延べ床面積の大きさに左右されず、より正確に、数値がわかるといういうわけなのじゃ!

  • なるほど~! じゃあ、UA値、C値に注目して、
    「高断熱・高気密の家」を選べばいいということなんですねー

    たてるさん
    すみかさん

  • 家づくり博士

    そのとおりじゃ!

  • C値とUA値! 家づくりの参考にするぞ~!

    たてるさん
    すみかさん

  • (編集部より一言):2013年10月に施行された改正省エネルギー基準では、断熱基準がQ値からUA値(外皮平均熱貫流率)に変わっています。

    UA値もQ値と同じように、値が小さいほど断熱性能が優れています。

  • ・住宅の気密性については、「教えて家づくり博士!気密測定は必要?「高気密」が大切な理由とは」をご覧ください。

    全棟で気密測定実施!高気密な注文住宅を建てるなら埼玉県鴻巣市の工務店「佐藤ホーム」へ

    高断熱・高気密な家づくりは、鴻巣市にある注文住宅工務店・佐藤ホームにお任せください。当社は全棟で気密測定を行っており、低燃費住宅をはじめとした数多くの施工例がございます。

    建築が対応可能なエリアは以下のとおりです。

    埼玉県

    鴻巣市/北本市/行田市/桶川市/上尾市/伊奈町/羽生市/加須市/吉見町/川島町/東松山市/熊谷市/蓮田市/滑川町/嵐山町/久喜市/白岡市/川越市(*)/坂戸市(*)/深谷市(*)/鳩山町(*)/さいたま市(**)

    * 一部対応の難しい地域がございます。詳細はお問い合わせください。
    ** 北区・西区(西区は一部だけになります)

    群馬県

    太田市(*)/千代田町/明和町/

    質の高いサービスを提供するため、当社から車で1時間圏内の市町村のみ対応しておりますが、上記以外にも対応可能な地域はございます。お気軽にお問い合わせください!