家づくりコラム

ダクトレスでデセントラル?メンテナンスも軽減できる「全熱交換型換気システム」とは

こんにちは!埼玉県鴻巣市の一級建築士事務所「佐藤ホーム」のブログ編集部です。

今回は、当社が提供する高気密・高断熱な低燃費住宅・ZEH(ゼッチ)住宅に標準装備されている全熱交換型換気システムについて詳しくご紹介します。

これから注文住宅を建てようと検討している方や、経済的な家づくりについて詳しく知りたい方は特に必見です!

熱交換型換気システムと一般的な換気扇との違い

全熱交換型換気システム

まずは、一般的な換気扇と熱交換型換気システムの違いについて、解説していきます。

佐藤ホームが採用している熱交換型換気システム「ヴェントサン」は、給排気する空気の中から最大88%の効率で熱を回収できるシステムです。短い筒状の「蓄熱エレメント」とファンが壁に内蔵され、それをフィルター、アウターフード、インナーカバーなどで覆った状態がシステムの一式です。

ハニカム構造の多孔質セラミックを採用した「蓄熱エレメント」が、給排気の熱を回収しながら換気する仕組みなので、冬は室内の暖かさを、夏は涼しさを保ったまま新鮮な空気に入れ替えてくれるのです。

また、熱交換型換気には大きく分けて「顕熱交換」と「全熱交換」の2種類があり、「顕熱」は温度の交換のみで、「全熱」は温度だけでなく湿度も含めた空気を交換します。

ヴェントサンは「全熱」交換型換気システムに該当し、温度だけでなく湿度も一定に保つことができます。冬は室内の空気が過乾燥しにくく、夏は多湿になるのを防いでくれる仕組みです。

さらに花粉フィルター(オプション)のほか、強風ブロック機能や、外の音が入りにくい静隠構造を持っており、外の環境にも影響されにくい特徴があります。

換気扇と違う点をまとめると、

  1. 室温を保ったまま給排気できる
  2. 全熱交換型なら湿度も一定に保てる
  3. 外からの風、音、花粉なども防げる

といったメリットが目立ちます。

それでは、これらのメリットについてさらに詳しく説明していきましょう。

窓を開け閉めしなくても24時間きれいな空気の状態に保てる

全熱交換型換気システム・ヴェントサンは24時間常時稼働し、1日中ずっと自動で換気。
室内の空気を常にきれいな状態に保てるので、換気のために窓を開け閉めする手間がいりません。

ちなみに、システムに搭載された低騒音ファンの電気代は、1年間、365日24時間稼働させても1台につき700円程度で、ほとんど家計に影響しません。さらに実用年数も15年以上で、交換頻度も高くなく、コスパ良好です。

結露や凍結を防止しカビも生えにくい

「どんなに暖房器具で室内を暖めていても、換気口の近くはどうしても寒くなってしまう」
冬場にそんな寒い思いをしたことがありませんか?でも熱交換型換気システムがあれば心配ご無用です。

換気口から冷たい風が吹き込んでくると、蓄熱エレメントを経由して暖かい空気に変換。寒い冬でも暖かい空気が入ってくるので、結露や凍結も予防できます。

エアコン・加湿器・空気清浄機などの電気代を大幅に節約できる

全熱交換型換気システムは、冬の過乾燥を防ぎ、夏は除湿した外気を取り込めます。ゆえに冷暖房器具だけでなく加湿器や除湿機の稼働も軽減できます。

さらに花粉フィルター(オプション)も装着すれば、空気清浄機の稼働率も減らせるはずです。

国際特許取得のファン「キセニオン」は風と騒音に強い

全熱交換型換気システム・ヴェントサンには、国際特許を取得した新型ファン「キセニオン」を搭載。外から入ってくる風の圧力を感知し、自動で室内に送る風量を調整する機能があり、外で強風が吹いている場合でも、安定して換気を行えます。

さらに、すきまをなくした大型の羽根は、外から入ってくる騒音をシャットアウトしてくれる静隠構造を持っています。

「ダクトレス」だから大規模な清掃・メンテナンスが不要

前の段落でもお伝えしたように、熱交換の肝となる「蓄熱エレメント」は短い筒のような形状をしています。つまり長いダクトを配管していない「ダクトレス構造」で、大規模なダクト掃除やメンテナンスの手間がいりません。

エレメントの洗浄は、ご自身で取り外し、キッチンや洗面所、あるいは食器洗浄機などでさっと水洗いして乾燥させるだけ。自宅でこまめに洗えるので、エレメント内部にホコリやカビが滞留せず、いつでもクリーンな空気を維持できます。

ダクトでつながない「デセントラル換気システム」

換気の仕組みは「デセントラル(分散型セントラル)換気」を採用。

ダクトをつないで建物全体を1つの換気ユニットで制御する「セントラル換気システム」と違い、建物に分散配置した複数の熱交換ユニットを1台のコントローラーで一括制御します。

各ユニットは常に2台1セットで対になって稼働し、70秒ごとに給排気を繰り返しています。

「全熱交換型換気システム」を使用した低燃費住宅を埼玉で建てるなら佐藤ホームへ!

全熱交換型換気システムは、室内の温度と湿度を保ちながら、常に新鮮な空気に換気でき、さらにエアコン・加湿器・空気清浄機の電気代もぐっとおさえられて、メンテナンス費用もほとんどかからない、いいことづくめのシステムです。

佐藤ホームでは、今回ご紹介した「全熱交換型換気システム」を標準装備した低燃費住宅をご提供。 全熱交換型換気システムのほかにも、機能性に優れた建材を多数採用しております。

建築が対応可能なエリアは以下の通りです。
佐藤ホームでは質の高いサービスを提供するため、限られた市町村のみ対応していますが、記載している他にも対応可能な地域がありますので、お気軽にお問い合わせください!

埼玉県

鴻巣市/北本市/行田市/桶川市/上尾市/伊奈町/羽生市/加須市/吉見町/川島町/東松山市/熊谷市/深谷市/久喜市/白岡市/川越市/坂戸市/ふじみ野市/富士見市/さいたま市(*)/蓮田市/滑川町/嵐山町/本庄市/寄居町/ときがわ町/鳩山町/毛呂山町/小川町/鶴ヶ島市/日高市/狭山市

 
* 一部対応の難しい地域がございます。詳細はお問い合わせください。

群馬県

伊勢崎市/太田市/大泉町/千代田町/邑楽町/館林市/明和町/板倉町