ZEH ビルダー登録

弊社では、『ZEH(ゼッチ)』の2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので公表致します。

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ):Net Zero Energy Houseの略」)の実現を目指す』とする政策目標が制定されました。

今回弊社でも、『平成30年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である 『ZEHビルダー』登録申請を行い、ZEHの普及に取り組んでまいります。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業では、ZEHの住宅を新築、または改修した場合に補助金が支給されますが、補助金支給対象となるのは「ZEHビルダー」として登録されたビルダーを利用した場合のみです。

2020年度に向けた、年間のZEH普及目標

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績(年間建築件数) ZEH普及目標
5件 3件 30% 40% 55%

ZEHとは?(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題の一つになっています。
2020年に求められている省エネルギー基準よりも、さらに厳しいものが「ZEH 基準」です。ZEHとは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まいのことです。

一次エネルギー消費とは

発電のために必要な、石油や石炭、天然ガスなどの化学燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。
一次エネルギーを加工して作られる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、照明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを作る一次エネルギーを減らすことに繋がります。