家づくりコラム

【テレワーク時代の家づくり】在宅勤務を快適にする!高断熱・高気密住宅がおすすめな理由

こんにちは!埼玉県鴻巣市にある高断熱・高気密な注文住宅工務店「佐藤ホーム」のブログ編集部です。

新型コロナウイルスの流行にともなって、テレワークが急速に浸透しました。緊急事態宣言の解除後も分散出勤を取り入れた企業は多く、中には、コロナ収束後も継続的なテレワークを行うと決定したところもあります。

自宅で働くという新しいスタイルが、今後ますます当たり前になっていくと予想される中、注目されるのが「テレワークしやすい家づくり」です。

実は、高断熱・高気密住宅は、在宅勤務を意識した家づくりにもぴったりなことをご存知でしょうか。今回はその理由と、テレワーク時代の家づくりのポイントをご紹介します。
テレワークオフィス

省エネな高断熱・高気密住宅なら、在宅勤務にかかる光熱費が大幅に節約できる

高断熱・高気密な住宅が在宅勤務に適している理由の1つ目は、冷暖房費が節約できるからです。

高断熱・高気密住宅の特徴といえば、夏は涼しく冬暖かいという「快適さ」。つまり、一般的な住宅に比べると冷暖房費がおさえられ、在宅勤務で長い時間を家で過ごしてもお財布に優しいのです。

在宅勤務で1日中家にいたら、電気使用量が1.5倍に!

テレワーク期間を振り返ってみて、意外な光熱費のアップに驚いた人もいるのではないでしょうか。あくまでも一例ですが、夫婦で在宅勤務をしていた筆者宅(高断熱・高気密ではない一般的なマンションの一室)では、2020年4月の電気使用量は、前年同月比で約150%もアップしていました。金額にすると、4,000円近くも高くなっています。
去年との電気代の比較
電気の使用量は各家庭の生活スタイルによっても異なるので、戸建てを含めたすべての住宅にこの増加率が当てはまるわけではありません。しかし、一般的な傾向として、在宅勤務中にアップする電気使用量は「微々たるもの」ではないと言えるでしょう。

通年で考えると見過ごせない金額になる冷暖房費

在宅勤務中に増加する電気使用量のうち、大きな割合を占めるのが冷暖房費です。今回、在宅勤務が行われた4月・5月は比較的過ごしやすい季節だったので、エアコンをつける機会がなかった人も多いでしょう。しかし、真夏や真冬となればそうは行きません。1日中快適に過ごすために必要な冷暖房費は、結構な金額になってきます。
お金と時間

通年で在宅勤務をするなら、この冷暖房費をいかに節約をするか考えるのが非常に大切ですが、その点で、高断熱・高気密住宅は非常に大きなメリットがあると言えます。

高断熱・高気密住宅は防音性にもすぐれているので、仕事に集中しやすくなる

高断熱・高気密な住宅が在宅勤務に適している理由の2つ目は、防音性にすぐれているからです。

理由は後ほど説明しますが、高断熱・高気密な住宅は、外からの音を効果的にブロックする性質があります。快適な静けさを保てるので、仕事に集中できる環境が作りやすいのです。

在宅勤務で気になる!外から聞こえる物音・話し声

在宅勤務中、道路を通過する車の音や、玄関近くで立ち話する人の声、雨や風の音などが室内に届き、集中が妨げられる経験をした人もいたのではないでしょうか。

日常生活ではさほど気にならなかった音でも、緊張感をもって仕事に取り組んでいると、急に耳につくように思えることがあります。テレワークを快適に行うには、家の「外」からの音をしっかりとシャットアウトする必要があるのです。
テレワークする男性

断熱性・気密性を高めることで、防音性も高くなる

高断熱な住宅では、柱や壁などの間に断熱材を入れたり、構造材の外側を断熱材ですっぽりくるんだりしますが、この断熱材には音を吸収する性質のものがあり、例えば「セルロースファイバー」は吸音性をそなえた材質の1つです。また、気密性の高い窓サッシなども、冷気だけでなく、音の侵入を防ぐことにも一役買ってくれます。

つまり、住宅の断熱性能と気密性能を高めることによっておのずと防音性も向上し、外部から入ってくる音へのストレスが軽減できるのです。

「在宅勤務でも集中力を維持し、仕事効率を落としたくない」という人におすすめなのが、高断熱・高気密な家づくりです。

断熱材についての関連コラム

充填断熱と外張断熱の両方を採用した「ダブル断熱」のすごさ&断熱材の種類とそれぞれの特徴

テレワーク時代の家づくりで、おさえておくべきポイント

在宅勤務を快適にするためには、家づくりの段階から以下の3点について考慮しておくことをおすすめします。

(1)ワーキングスペースを確保できるよう間取りを工夫する
(2)冷暖房費がかさまないようエコな住宅にする
(3)家の中の防音性を高める

そして、この(2)(3)を実現するのに最適なのが高断熱・高気密住宅です。

在宅勤務が広まれば、家の「住み心地」がより一層重要に

コロナ禍に加え、政府が推し進める「働き方改革」により、自由なワーキング・スタイルが今後ますます拡大していくと予想されます。一日のうちの大半を自宅で過ごすようになれば、「家の快適さ」「住環境」を重視する動きは一層広まっていくでしょう。テレワーク時代の家づくりには、高断熱・高気密住宅をぜひご検討ください。

快適にテレワークできる高断熱・高気密な注文住宅を建てるなら、北本・行田のお隣、埼玉県鴻巣市の工務店「佐藤ホーム」へ!

佐藤ホーム
佐藤ホームでは、注文住宅ならではの自由度の高い間取りで、テレワーク・在宅勤務にも最適なプランをご提案します。高気密・高断熱な家づくりなら、ぜひ佐藤ホームにお任せください。

建築が対応可能なエリアは以下の通りです。
質の高いサービスを提供するため、限られた市町村のみ対応していますが、記載している他にも対応可能な地域がありますので、お気軽にお問い合わせください!

埼玉県

鴻巣市/北本市/行田市/桶川市/上尾市/伊奈町/羽生市/加須市/吉見町/川島町/東松山市/熊谷市/深谷市/久喜市/白岡市/川越市/坂戸市/さいたま市(*)/蓮田市/滑川町/嵐山町/ときがわ町/鳩山町/毛呂山町/小川町/鶴ヶ島市/

* 一部対応の難しい地域がございます。詳細はお問い合わせください。

群馬県

太田市/千代田町/明和町/