スタッフ日誌

低燃費住宅 高松研修

 

本日は研修のため、高松に来ております!

飛行機が取れなかった為、電車と新幹線を使いました。

6時間ほど掛かってしまい研修を受ける前から

もうクタクタです...(笑)

 

駅から、20分ほどタクシーに乗り、やっと研修会場に着きました!

「目印は大きな煙突です」と言われていたので

すぐにわかりました。それにしても立派な建物ですね~。

元々は酒蔵だったようで、

今はカフェとしても使われているそうです。

 

さて、気になる研修の内容ですが、
我々佐藤ホームが新たな取り組みとしてやっていこうとしている「低燃費住宅」についてです。

『「低燃費住宅」とはなんぞや?』と思った方も多いかと
思いますが、内容については追々お話していこうかと思います。

今後、セミナー等を開催していきたいと思うので、乞うご期待!ということで。

今は、サッシが分厚い!ということだけお話ししておきます。(笑)

 

 

研修は2日間ということなので、我々は低燃費住宅に宿泊体験をしてきました。

中に入った瞬間、部屋が暖かく「暖房がついてるのかな?」と思いましたが、

なんとついていませんでした!部屋の温度はどこに行っても一定温度。驚きです!

ではなぜ、暖房がついていないのに暖かいのか、簡単に説明しますと、

低燃費住宅は日射熱(太陽光)を窓から取り入れ、その熱で部屋を暖める。

その温度が逃げないような造りになっているため暖かいのです。

『じゃあ、夏は暑いんじゃないの?』と思った方。大丈夫です。ちゃんと涼しくなるよう計算されているのです。

そこのところは、また今度ということで。

 

低燃費住宅は『夏は涼しく、冬は暖かいだけの家か』と思った方。残念!まだまだ、すごいところがあります!

先ほども申しましたが、今後セミナーを開催していく予定なので気になった方は是非セミナーにお越しください。

開催日等はまだ未定ですが、決まり次第随時お伝えしていきます!